2014年

5月

05日

ホタル生態環境館での夏の思い出

ホタル生態環境館の支援者の方から良い話を聞きましたのでご紹介します。

いつから始まったのか分かりませんが、ホタル生態環境館では、2012年度まで、毎年、夏休み特別企画として、夏休み中飼育室の一部に暗幕を張って、その中で昼間ホタルの光が見られる「昼夜逆転コーナー」の公開を行っていたそうです。これは人気のある展示で、夏休みは、毎日30~50人の訪問者があったそうです。子ども達の自由研究にはもってこいの催しだったのではないかと思います。

また、「来る者は拒まず」の姿勢で外部の人たちを受け入れていたので、夏休みには板橋区内の大学生のインターシップを1グループ10日間で受け入れていたそうです。3~5人ぐらいのグループで数件の受け入れたあったと聞きました。

こういった催しに参加された方々の体験を伺いたいと思っています。この記事を読まれていたら、当会の問合せページなどから、ぜひ体験談をお寄せください。

しかし、残念なことに、2013年の4月から、板橋区の方から余り人を入れないようにと指導があったそうで、見学も原則として予約が必要となってしまいました。2013年には、昼夜逆転コーナーもインターシップの受け入れもすべて中止になってそうです。こういったホタルに親しむ試みは復活させて欲しいものですね。